FXをある程度やっている人は損切りというのがとても重要であることに徐々に気が付いてくると思います。

取引を繰り返していると、損切りを行ないリスク回避しなければいけない場面は必ずといっていいほど現れます。そういう場面では損失を最小限に抑えるために迷わず損切りをしなければいけません。

しかし、ひょっとしたら相場が自分の期待している方へ戻るかもしれないという期待から、損切りを躊躇してしまいがちです。ここで、潔く損切りできるか、躊躇するかが成功への大きな分かれ道になると思います。

バーチャル取引に魅せられて


twerew FXに投資する時、期間的な考え方として長期、中期、短期、デイトレードがあります。特に初心者のうちは、これらを意識することが大切ですが、どれを選べば良いのかというのは、難しいところかもしれません。それぞれ一長一短がありますから、どれがベストとは言えませんが、どれかに決めておくのはとても大切です。バイナリーオプション 戦略は、期間によって違ってくるからです。「短期投資のつもりでポジションをとったけど、含み損がでてしまったので、中期、あるいは長期的に保有しよう」という考え方は、避けたほうが無難というよりも、するべきではありません。投資で利益を挙げるには、根拠のない感情に左右されず、あらかじめ決めたルール通りの取引をすることが大切です。つまり短期投資のつもりでポジションを保有して含み損を抱えたのなら、そのたびにしっかりとロスカットするべきなのです。そのほうが、結果として全体的な損失を少なくすることができます。

短期、中期、そして長期という区分けに、はっきりと決まった定義はありませんが、一般的には、短期は数日~1週間程度、中期は数週間~数カ月程度、長期は年単位と言う意味で使われています。そしてFXの特性を考えると、特に初心者のうちは、短期と中期の投資がおすすめです。投資期間を短くして、ポジションの決済をしていったほうが、結果がでるので分かりやすく、楽しめるからです。またデイトレードもおすすめです。さらに10秒や20秒といった短い時間での売買を繰り返して、小さな利益を積み上げていく「スキャルピング」も面白い取引方法ですが、これはシステムに過剰な負担をかけるという理由などから、禁止しているFX業者も少なくありません。また個人的には、FXの長期投資はおすすめしません。もの凄く複雑な要素が絡む為替相場は、長期的な予想は不可能だからです。

短期の方がより稼ぎやすく、中期のほうがより扱いやすくなります。短期では、為替差益を狙った積極的な取引で利益を狙い、中期では、スワップポイントによる金利差で利益を狙うのです。実際にFXで利益を挙げている人の多くが、このスタンスで取引をしているようです。


 

 
.