FXをある程度やっている人は損切りというのがとても重要であることに徐々に気が付いてくると思います。

取引を繰り返していると、損切りを行ないリスク回避しなければいけない場面は必ずといっていいほど現れます。そういう場面では損失を最小限に抑えるために迷わず損切りをしなければいけません。

しかし、ひょっとしたら相場が自分の期待している方へ戻るかもしれないという期待から、損切りを躊躇してしまいがちです。ここで、潔く損切りできるか、躊躇するかが成功への大きな分かれ道になると思います。

スキャルピングと中期投資の組み合わせ


werewこれまでに述べたように、中期投資におけるスワップポイントは、大きな魅力です。簡単に言ってしまえば、保有しているだけで、利益が発生するからです。しかしデメリットやリスクはないのでしょうか。スワップポイント狙いの一番大きなリスクは、為替リスクです。投資対象の通貨の金利が高く、大きなスワップポイントを受け取ることができても、その通貨自体の価値が低くなってしまったら、日本円に換金する時に損失を出すことになるからです。また急激な為替変動リスクに備えることも大切です。ロスカットを常に意識した、小刻みな逆指値注文や、急落時の自動決済を想定したトレール注文をしておくなどの対策です。この様にリスク対策をしっかりしながら、確実な利益を狙って行きましょう。

文責: 逆指値.com

また中期投資をしているからといって、短期投資に取り組んではいけないわけではありません。中期投資と短期投資の対象をしっかりと分けて考えることはとても大切ですが、一方で中期的な投資の予定で取ったポジションであっても、急激な為替変動で大きな含み益が出た時などは、方針を転換してポジションを決済して、利益を確定させることも大切です。また中期投資と考えていても、想定以上の下落があれば、一度ポジションを精算して損切りをして、戦略を見直すことも大切です。しかしこれらの考え方は、特別なものであることを、忘れてはいけません。あくまで基本は、短期投資と中期投資は、別に考える事です。特に中期投資を考える時は、金利に注目することはもちろん大切ですが、他にも、為替差損で利益を減らさないために、比較検討をしっかりして、中期的なチャートを確認して、通貨ペア選びやそのタイミングを間違えないようにしなければなりません。

スワップポイントは、短期的に見れば、得られる額はそう大きなものではありません。管理人もXEマーケットで同じような経験をしたことがあります。そしてその金額は、予想外の為替変動で無くなってしまう程度のものです。つまりスワップポイント狙いであっても、チャートをしっかりと確認して、為替の変動範囲の予想することが大切です。ここまではスワップポイントの話をしてきましたが、FXの最大の魅力といえば、それはやはり短期投資です。


 

 
.